タクシーが好きなあなたへ

サイトのペナルティ解除のことなら株式会社そらいろにおまかせください。他にも自社運営サイト集客サポートやショッピングモール集客サポート、レベニューシェア型サービスなども行っております。
ヤマハのピアノを購入したい、さいたま市内でお買い求めになられたいなら和幸楽器 ピアノを是非ご利用下さい。 特約店ならではの良さ、そして定評ある音楽院としての実績とノウハウで、最新の楽器をご提供致します。

三作目では

色々問題がある

コメディ色が全開となっている今作TAXiだが、そんなシリーズも3作目が公開された。内容についてはお馴染みだが、この話ではダニエルとエミリアン、両者がこれからの生活を見直していかなければならなくなるという、そんな人間臭い話が含まれている。とはいっても、基本的にシリアスな場面が出てきても台無しにされてしまうため、すぐに緊張の糸が解けてしまう。ある意味台なしといえば台無しなのだが、それがTAXiシリーズの良点となっている。

さて、そんなTAXi3だが今作ではどんな展開が巻き起こるのか、そういったところにも注目してみてみよう。

運び屋を目指す

旦那と彼氏と、妻と彼女

TAXi3において注目したいのは、ダニエルとリリー、そしてエミリアンとペトラというそれぞれのカップルに巻き起こる展開だ。これまたうまい具合に両者共に同じような境遇に陥っており、さらにまたしてもエミリアンからまたしても犯人逮捕に協力して欲しいという、援助を求める相手が間違えていると言いたくなるのも定番となっているが、今作のあらすじからまずは見ていこう。

あらすじ

今日も今日とて暴走タクシーで顧客の送迎を行い、さらに自身の自動車を改造する生活に明け暮れて充実した日々を過ごしているダニエル。ただそんな仕事バカな恋人に対して、リリーは自分よりも仕事にふけっているダニエルに愛想を尽かしてしまい、実家へと帰宅してしまうのだった。やってしまったと途方に暮れるはずだったダニエルだったが、その間もなくエミリアンが飛び込んで来てまたしても犯人逮捕に協力して欲しいという要請をする。

内容は警察官がこれまで8ヶ月も追っていながら足取りを掴むことも出来ずに、逃げられている強盗団の逮捕に協力してほしいというものだった。エミリアンはその捜査に加わっていたが、進展しない状況に半ばノイローゼになりながらも、ダニエルに依頼する。

その捜査の中で、2人はそれぞれ妻・恋人の妊娠を知ることとなり、それと同時に敵の正体を突き止める。その調子でアジトを発見することに成功するも、土壇場でエミリアンが人質に捕らわれながらもダニエルの運転技術により、事件は無事に解決するのだった。

その後エミリアンは妻となったペトラの出産に立ちあい、ダニエルは帰ってきたリリーに対してプロポーズをするなど元の鞘にそれぞれ落ち着くこととなった。

ほんとにマダオなエミリアン

この作品である意味MVPを与えたいのがエミリアンだ。別に彼が活躍した点について称するわけではなく、エミリアンは強盗団を捕まえることに躍起して向こう8ヶ月もの間、ペトラが妊娠している事を知らなかったというのだ。ペトラは何度と無く大事な話があると告げるも、進まない捜査に余裕を失っていたエミリアンだったが、それでも8ヶ月気づかないとはマダオ過ぎる。

ダニエルに関しては仕事熱心すぎたせいもあって、かまって欲しかったリリーにすれば一種の我儘に近い形で実家へと帰宅する。ここまではダニエルも深く考えていなかったが、家にはリリーが忘れた妊娠検査薬が置かれており、そこに表示されている内容が陽性反応だった。リリーが自分の子供を妊娠した、それはつまり今後は自分とリリーだけではない、これからの将来を見据えてどのようにして生きていかなければならないのか、その事を考えるようになる。

きっかけについてはともかくとして、どうにもダニエルとエミリアンとを対比させると後者のダメっぷりが全面的に押し出されるため、何となく情けなくなる。お腹が大きくなっていく姿を見ても、ただ生活習慣によって太ってしまったくらいにしか思っていなかったのかもしれない。自分のことに手一杯になるのはしょうがないとしても、妊娠に気づかないというのはさすがに気づかなすぎだ。全2作から通してみても、エミリアン本人はまるで成長がないようだ。

タクシーといえば

ランディングページはファーストビューが命!途中でユーザーが読むのをやめてしまいにくいランディングページを制作することが成功する重要なポイントとなります。当社にランディングページに制作はおまかせください。

この作品に真剣さは求めてはいけない

この作品をここまで見てきて気づいたのは、この作品では常識という概念を求めてはいけないという点だろう。今作でもそうだが、とにかくエミリアンが間抜けすぎる点は天性の才能とでも言いたくなる。もちろんリアルにこんな事をする人がいたら迷惑千万過ぎるのだが、映画だとちょっとおバカとは言い切れない、まるで駄目な大人、通称マダオの典型的な例がここにある。

ただここまでの作品では登場人物ばかりに焦点を当てて紹介してきたが、次の作品でも彼らの活躍以上に作品で問題行動ばかりを起こしている人物たちがいる。


リュック・ベッソン作『トランスポーター』と『TAXiシリーズ』を語る

おすすめ洋画
都市部から離れ、住宅街の趣が強くなるJR東西線福島駅 貸事務所でもオススメ賃貸情報を紹介しています。 都市部の高額すぎる賃料が払えない、なるべくならそこまで遠くないところにオフィスを構えたい人に紹介したい案件を取り揃えております。